第72回修猷大運動会公式サイト

文責 第72回修猷大運動会運営委員会 広報部署
所属クラス 1年1組、9組、10組 2年3組、6組 3年1組、4組、9組

ブロックテーマ FLASH

途方もなく思えた雑多な準備作業、先輩に怒鳴られ心も体もボロボロになった練習。それら全ては、大運動会優勝に向かってひた走る一筋の儚い閃光のようなものだと捉え、このテーマに決定した。

            

ブロック長 木下蓮太郎

ブロック長の公募が始まる前、北野武監督の『あの夏、いちばん静かな海。』を観た。バイオレンス映画で有名な同監督が描く、儚くて優しい夏に俺は心を動かされた。大運動会の力強さも美しさもそこに優しさがなければ空虚なだけだ。かの映画が描く夏を皆で最後まで追い駆けよう。

        

タンブリングテーマ 変遷

これからの「令和」という新時代を切り拓いていくために必要なこと。それは、モンゴル帝国建国の祖、チンギス=ハンのように、伝統に外からの知識を取り込むことだ。今年の黄タンブリングは修猷の伝統に新しい技術を組み込み、「変遷」させた。その進化した伝統をとくとご覧あれ。

          

ダンステーマ 銀河鉄道の夜~ほんとうの幸せを探して~

宮沢賢治の代表作の一つである『銀河鉄道の夜』。この作品に込められたメッセージには今もなお多くの謎が残っている。彼がこの作品を通して伝えたかったことは何なのか。まばゆい光とともにジョバンニとカムパネルラを乗せた列車は走り出す。それはほんとうの幸せを探す旅。

         

応援コンテストテーマ 轟

我らYELLOWの応コンは止まる所を知らない。全速力で駆け抜ける車のようにエンジン全開で叫ぶ生徒たち。その集団の勢いは他を圧倒する。この夏に懸ける一人ひとりの想いとそこから生まれる声の響きは、自分のみならず、周囲の人々の心に、そして修猷の歴史に轟く。

       

バックテーマ 百花繚乱

このテーマは2019YELLOW全員が秘めている力や才能を咲き乱れる花のようにあふれさせるということを意味する。私たちが発揮することができる様々な力を「FLASH」させることで、ブロックとしての輝きを手に入れ、一つの大輪の花を咲かせることができるはずだ。

     
ページのトップへ戻る