第72回修猷大運動会公式サイト

文責 第72回修猷大運動会運営委員会 広報部署
所属クラス 1年2組、6組 2年1組、8組、9組 3年3組、6組、10組

ブロックテーマ  赫輝 かっき

炎のように赤く、勢い盛んに燃え上がり、一人ひとりが光り輝くよう「赫輝」の二文字に願いを込めた。優勝を目指し、一心不乱に突き進む我ら311人の勢いは他を圧倒し、誰にも止められない。

            

ブロック長 吉野希

この夏、様々な苦悩、困難を乗り越え、私たちは大きく成長した。赤ブロック全員が全力を出し切れば絶対に優勝を勝ち取ることができる。令和最初の大運動会、これまで脈々と受け継がれてきた歴史に私たちの名を刻もう。私たちにしか出せない色で自分たちの大運動会を創り上げよう。

        

タンブリングテーマ  煌舞 こうまい

我々はこのテーマに「互いを奮い立たせて困難を乗り越え、輝きをもつ」という意味を込めた。春秋戦国時代、合従軍に立ち向かった秦のように、苦しい状況の中でも互いに鼓舞しあい、作り上げる技。それぞれの輝きと、赤の漢たち一人ひとりの熱い想いを感じてほしい。

          

ダンステーマ 鏡の国

自分の心の内を映すという鏡――。もし、その鏡の中に入れるとしたら――。不思議なことだらけの世界の中で様々な自分に出会い、私は少しずつ成長していく。そして、本当の自分を知る鍵となる「光」を見つける。「鏡の国」から出てきた私の表情は自信に満ちあふれ、輝いていた。

         

応援コンテストテーマ  赫命 かくめい

日本一の応コン。これが私たちの目指す応コンだ。日本一となるためにはどんな応コンでなければならないのか――。私たちは、革命的な応コンという答えを導き出した。さらに「赫」がもつ、いくつかの意味を応コンのテーマに採用した。修猷史に名を刻む応コン、ご覧あれ!

       

バックテーマ  赫醒 かくせい

今年のREDは、テーマ「赫醒」に既存の殻を破るという意味を込めた。第一バックに、亀裂を入れることで、変化の予兆を表現した。第二バックで、我々はその亀裂から一歩を踏み出し、新しい姿へと覚醒する。第一バックから第二バックへの変化に注目してほしい。

     
ページのトップへ戻る